子供がどんどん賢くなる家庭での幼児教育法とは

子供を賢く育てるためにはどうしたらいいでしょう。自分で考え、行動できるようにしたり、勉強好きにするためには、工夫が必要です。どのような工夫をしていったらいいのかを紹介します。

子供は大人の思い通りにはならないものです。子供のことを1番に考え、大切にし、あまり気負わずにできる範囲で取り組んでみて下さい。

叱らなくてもできる環境をつくってあげる

子供を叱るのは、子供だけなく、叱る側も嫌な気持ちになっていまいます。できれば叱る回数は減らしたいものです。そのためには、いちいち言わなくても、子供が自分でできるよう環境を整えてあげる必要があります。

片付けをしないなら、片付けができるよう環境を整えます。箱や棚に無造作に入れるだけではなく、工夫をします。人形なら、片づける先は人形の家やベッドになるように片づける場所をつくってあげます。

電車なら、駅や車庫をつくります。レゴブロックなどは、子供はせっかく作ったものをとっておきたいと考えることが多いので、飾れるように片づける場所をつくるといいです。

片付けをしないから、ただ「片づけなさい」と叱るのではなく、どうすれば片付けをすすんでやるようになるのかを考えてみて下さい。保育園や幼稚園ではありませんから、育児の最中にやるのは大変かもしれません。できる範囲で大丈夫です。

あそびやゲームとして勉強を一緒にやる

勉強をさせたいなら、あそびやゲーム感覚で、楽しみながら親も一緒にやってあげるといいです。「やらせる」のではなく、親も「一緒に楽しんでやる」ことが大切です。楽しんで勉強ができれば、小学校でやる勉強の内容も6歳未満で理解できるようになります。

子供の受験戦争は、早生まれだと苦労するかもしれません。年齢が低いほど、月齢が大きく影響するからです。焦ることもあるかもしれませんが、子供の発達に合わせて子供の援助をしてあげましょう。

無理に子供の受験戦争に参加する必要はありません。確かに、これからの勉強の進み具合や進学のことを考えると、受験をさせたくなる気持ちもあるでしょう。ですが、それほど気負わないでも大丈夫です。その子にあった環境を選択してあげましょう。