未来ある子供の受験を親たちはどう支えればいいのか?

受験をするときの親の役割は、子供の年齢や、なんの受験をするかによっても変わってきます。今回は、最終学歴になり得る、大学受験について考えてみましょう。

子供の受験戦争は、親によって戦い方に大きく影響がでることもあります。できるだけプレッシャーをかけたくはないものの、なんとか力を発揮してほしいと気負ってしまいますね。どうすれば、プレッシャーをかけずに上手な応援ができるのでしょう。

複数の選択肢があることを教えてあげる

周りの環境にもよりますが、受験生の間は周りが見えなくなることが多いです。周りの環境が受験一色に染まれば染まるほど、自分には受験しかないと思い込んでしまいます。子供は、受験してその大学に行くしか道はない、くらいに思ってしまうこともあります。

この心理状態で、親が受験を応援すると、子供にとっては大きなプレッシャーになってしまいます。落ちたら終わりだ、受からないといけない、と子供を追い詰めてしまいます。

まずやってあげてほしいことは、子供に複数の選択肢を教えてあげるということです。子供はテストを繰り返す学校生活しか知りません。社会に出たら、学歴やテストの結果よりも、経験や人間性が重視されることが多いです。

職業や生き方は色々あるということを、わかっているようで、子供はまだ漠然として分かっていません。

気負わずに、応援していることを伝える

塾や高校の先生は、合格を勝ち取れれば自分たちの評価につながるので、受験を勧め、必死に応援してきます。ですから、その応援を受けて、子供は必死に頑張ります。子供ががんばっている姿が見られるのなら、親は見守るだけでも十分です。

親がプレッシャーをかけていなくても、子供はプレッシャーで押しつぶされそうになっています。「落ちても大丈夫」ということを教えてあげましょう。

受かる大学をおさえておいたり、浪人の準備をしてあげたりということです。大学へ行く以外の道でも、十分にやっていける、むしろメリットがあるという意見があれば、それを伝えてあげるのもいいです。

とにかく、子供に「あなたには選択肢がたくさんある」ということを教えてあげてください。受験しか見えなくなっている子供はたくさんいます。子供の受験戦争は、親のあり方次第で戦いやすくなることもあります。